土浦全国花火競技大会の撮影ポイント

2003土浦全国花火競技大会はこの場所から撮りました!

最初に訪れた2003年は桜川の土手にて撮影
当日の早朝には到着して前方の観客の頭が邪魔にならない都合の良い場所を確保したいところ。
私が到着した昼には既に満席状態、運良く地元の人から狭いながらも撮影し易い良い場所を譲り受ける事が出来てラッキー♪
土手の最前列が絶対に良いです、前方に障害物まったく無しの上に、歩き回る子供とかに三脚を蹴飛ばされる心配も無用です。
夕方になって、隙間なく座っているのに更に無理矢理に割り込もうとして怒られて渋々立ち去る写真マニアが何人も連続したのには怒りより呆れました…。
良い場所取りっていうのは早く到着して三脚を立てて廻りと仲良く歓談しましょ!と思う私です

花火撮影の案内地図

翌年の2004年も昨年同様に北側に到着。
しかし、気温も下がりそうになく、北風が吹く気配さらさら無し?
悩んだ挙げ句に風上に陣取るべく反対側に急遽移動開始!
かなり無謀ちゅうか冷や汗かきましたね。
予想は的中して南から吹く風を背中にして丸い綺麗な花火が撮れました。

橋の上は9割ほぼ全員がカメラ小僧です、花火見物だけが楽しみならこんな硬いコンクリートの地面はパスでしょ!?
しかも橋の欄干越しに撮るため、皆さん2時間ずっと立ちっぱなし、ご苦労様。
カメラ小僧がずらっと並んで立っているのだから、その後ろで地面に座っちゃうと花火が見れません。
花火打ち上げが始まって、子供達がブツブツ文句言ってたが、誰も無視してる、それもそのはず、カメラ小僧が連れて来た奥さんと子供でしょ、ほんと可哀相にね(^~^;)
ここも橋の上という好立地で前方に障害物まったく無いので気持ち良く撮影に集中出来ました。
ただし距離が近すぎて広角レンズでも全景まるごと撮ることは出来ません。
それどころか打ち上げの、角度がずれたり、高さがずれたり、前の花火と違う位置で開いた花火の場合には端っこが切れてしまって悔しかったりします。
そのかわり尺玉のもの凄い音を楽しめたのは嬉しかったです♪

さて、帰り道ですがやはり渋滞します、それも異常なくらい動きません。
どこの花火大会も歩行者優先ですが、ここの渋滞は恐るべし… 侮るべからず!
会場周辺の駐車場から高速ICまでは3時間以上かかるそうです。

信じられない事に、高速に向かって渋滞してる乗用車に、マクドナルドが注文取りにきたぞって、知り合いのカメラ仲間が携帯で知らせてきた、これ 「逆ドライブスルー」 だろって…そりゃ驚くし笑っちゃうよね!?

会場からは遠くても「土浦第四中」か「土木事務所」か「建設業組合」に停めたいものです。
ただし朝の入場開始とほぼ同時に満車になります。

会場に近い北側の駐車場は当日のみ大幅に値上がりします、大声で呼び込みながら4,000円のプラカードで誘うと入っちゃう大金持ちっているんだよねぇ(笑)

帰路の裏ワザとして遠回りして、土浦北ICから入るのもお勧め、混雑はほぼ回避できます。

正当なHTML5です! 正当なCSSです! Counter
HTML check CSS check Visiter Contact
Document Validates

Last Updated 2020 November 1
Copyright © 2001-2020 HIROCI All Rights Reserved